page icon

ヘンデル「私を泣かせてください」ソプラノ、ピアノとヴァイオリンのための

種類
オリジナル
担当
編曲
リリース年
2012
スコア(兼ヴォーカル&ピアノ譜)+ヴァイオリンパート譜 【編成】ソプラノとピアノ、オブリガート・ヴァイオリン(Soprano and Piano with obligato Violin) 【難易度】3.中級者向き 【原曲】"Lascia ch'io pianga" from the opera Rinaldo : Act2 / Georg Friedrich Handel 【演奏時間】3分20秒
TVやCMにも使用されているヘンデルの有名なオペラ・アリア『私を泣かせてください』に、ヴァイオリンのオブリガートを加えました。ソプラノとピアノは原曲に忠実なスタイルで、ヴァイオリンはソプラノのメロディーを邪魔しないよう比較的落ち着いたアレンジです。間奏部分はヴァイオリンのソロ・アレンジになっております。 また、このアリアは「ダ・カーポ=アリア」ですので、〈A-B-A(楽曲形式)〉の〈A〉に戻ってきた際、ソプラノの自由な装飾に出来るだけオブリガートが対応できるようアレンジしました。
ヘンデル 「私を泣かせてください」〜歌劇《リナルド》 ソプラノ、ピアノとヴァイオリン(直江香世子編) - 楽譜出版社 《ミュージック・ベルズ》 Music Bells Publishing
→ 楽譜サンプルを見る (注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります) スコア(兼ヴォーカル&ピアノ譜)+ヴァイオリンパート譜 【編成】 ソプラノ、ヴァイオリンとピアノ(Soprano, Violin, Piano) 【難易度】3.中級者向き 【原曲】"Lascia ch'io pianga" from the opera Rinaldo : Act2 / Georg Friedrich Handel 【編曲】 直江香世子 (Kayoko Naoe) 【作者webサイト】 https://www.k-naoe.com/ 【演奏時間】3分20秒 TVやCMにも使用されているヘンデルの有名なオペラ・アリア『私を泣かせてください』に、ヴァイオリンのオブリガートを加えました。ソプラノとピアノは原曲に忠実なスタイルで、ヴァイオリンはソプラノのメロディーを邪魔しないよう比較的落ち着いたアレンジです。間奏部分はヴァイオリンのソロ・アレンジになっております。 また、このアリアは「ダ・カーポ=アリア」ですので、〈A-B-A(楽曲形式)〉の〈A〉に戻ってきた際、ソプラノの自由な装飾に出来るだけオブリガートが対応できるようアレンジしました。 とても美しい名曲ですので、様々な場面で演奏して頂ければ幸いです。 ソプラノの使用音域 F4-G5 ヴァイオリンの使用音域 A3-G6 この作品は、2011年11月アンサンブルユニット『Sprung Rhythm』により北海道で初演されました。 キーワード:楽譜 ドラマ「牡丹と薔薇」主題歌 朝日新聞CM 映画「カストラート」 YouTube 実演動画あり